EDの悩みはサプリメントで軽減できる

サプリメントでEDを遅らせよう

サプリメントは勃起不全に効くものではありません。
健康食品は効果効能を明記できないため、効くという表現をすると薬事法違反となるのです。
ただ、まったくメリットがないわけではなく、飲むことでカラダを元気にしてペニスが勃ちやすい状態にしてくれます。
勃起不全とは血行障害の一種であるため、血流を悪くする習慣を取り除いていけばいいのです。
食生活で脂肪ばかり摂っている、運動不足が続いている、ストレス過多の状態にある、などなど。
それ以外にも血行障害を引き起こす習慣は、すべて勃起力に影響すると考えていいでしょう。
サプリメントには副作用がないので、目安量の範囲で飲んでいればまったく問題ありません。
利用するサプリメントは基本的に1種類でかまわないので、1種類を3ヶ月以上飲むようにしましょう。
効果効能を求めている方ほど、効かないとすぐにやめてしまう傾向がありますが、健康食品は実感するのに3ヶ月程度はかかることが多いものです。

(参考)EDに悩んでる人の克服法はあるの?勃起サプリはいいと思う

EDは心臓病など全身疾患の一つです

勃起は健康のバロメーターは勃起不全は、局部だけの疾患ではなく、全身疾患の一つと考えられています。主な原因として、加齢や高血圧、糖尿病、喫煙、肥満などがあり、生活習慣病も勃起不全の大きな原因にもなっています。
また中でも心筋梗塞や狭心症などの、命にかかわるような心臓病の発症前に、EDを自覚する人が多く、重大な病気が陰に隠れている恐れがあります。

勃起不全に重大な病気の恐れがあるのかというと、血液が十分に海綿体に行き渡らないと、陰茎が勃起せず硬くなりません。また途中で流れ出して萎えてしまうのも、EDの症状で、血液の流れと神経の働きの両方が、正常に機能しないと勃起は起こりません。
陰茎の動脈は直径が1~2ミリ、心臓の冠動脈は3~4ミリと比べると非常に細いため、動脈硬化によって陰茎の血管が詰まったり、糖尿病で神経にダメージを受けた場合、勃起せず、EDの症状が現れます。
そのため、勃起は健康のバロメーターとして、日頃から注意しておくことが必要です。